nanahoの取り組み|日本の住まいをカタチづくる nanaho|株式会社 七保

お知らせ News

家づくり。知っておきたい住設メーカー7選♪

Date:2022.01.18 Category:News

住設(住宅設備の略)という用語はあまり馴染みがないかもしれませんが、お風呂やキッチン、トイレ、給湯、窓など、広く住まいの道具を指す言葉。

それを作っているのが住設メーカー。会社ごとに特徴や人気商品があって、カタログを見ていると時間を忘れます。

ここでは、そんな住設メーカーの特徴や主力商品をご紹介♪家づくり、リフォームをご予定の方は、ぜひご参考下さい♪



LIXIL

LIXILは国内トップシェアの住設メーカー。

キッチンシステム「リシェル」や洗面化粧台「ルミシス」、タッチレス水栓「ナビッシュ」など人気商品多数。

パナソニック

パナソニックも総合住設メーカー。

ラクシーナなど主婦の意見を元に設計されたキッチンは人気。Lクラスバスルーム、オフローラなどに床暖房を導入することが可能。

TOTO

TOTOはウォシュレットを生み出した水回りが得意な住設メーカー。

最近はバスシステム「サザナ」やキッチンシステム「ザ・クラッソ、タッチレス水ほうき水栓など総合住設メーカーとしての認知が高まりました。

タカラスタンダード

タカラスタンダードはキッチンや洗面化粧台で定評のあるメーカー。

高品位ホーローシステムキッチンの「トレーシア」や「レミュー」が人気です。

クリナップ

クリナップは主にキッチン、バス、洗面化粧台を販売する住設メーカー。

なかでも、ラクエラは低価格帯ながら収納が多く、インテリアに合わせた色の選択が可能で、とても人気の高いキッチン。

YKK

YKKは窓、サッシ、ドアの専門メーカー。

もともとはファスナーのメーカー。原材料となるアルミの量産化で培った技術を活かしてアルミ建具の製造を開始。断熱性に優れた樹脂製サッシもエコ住宅で人気。

三協立山

三協立山は富山に本社を置くアルミ建材の大手。

デザインと機能を両立させたアルミ樹脂複合サッシ「アルジオ」や「マディオ」は新築、リフォームの定番商品。

気になる住設メーカーはありましたか?ぜひ、思い描く家づくりやリフォームの実現にお役立てください♪

第3回 LOOK in 金川の森を開催!!

Date:2021.11.01 Category:News

第3回 LOOK in 金川の森を開催!!

金川の森に棲む虫や微生物、植物をその場で顕微鏡観察してみよう!!

わくわくマルシェや木工工作の体験、

山梨県の木に関する勉強コーナーもあるので

11月3日水・文化の日は金川の森で山梨の森をもっと知ってみよう!!

日時:11月3日(水) 10時~16時 参加料無料

会場:山梨県森林公園 金川の森 どんぐりの森にあるサービスセンター横

   当日はコロナ対策としてマスク着用、検温させていただきます。

持ち物・服装:運動靴、軍手、汚れてもいい服装

♢ご不明な点は055-222-7001(nanahoイベント係)までお電話ください。

   nanaho × 山梨県

   このイベントは株式会社七保と山梨県の共済事業です。

   協力:山梨県立科学館

工務店とハウスメーカーの違いをシンプルに言うと・・・

Date:2021.10.21 Category:News

家を建てるとき、多くの方がはじめに迷う『工務店にするかハウスメーカーにするか?』

ここでは、工務店とハウスメーカーの違いをシンプルにご説明します。

工務店とハウスメーカーの違いをシンプルに言うと

工務店とハウスメーカーの違いをシンプルに言うと下の図のようになります。

工務店は注文住宅が基本。設計やデザインの自由度が高いのが特徴です。また、アフターメンテも長い付き合いで臨機応変に対応してもらえるところが多いようです。

ハウスメーカーは規格住宅のモデルラインナップや実際に内覧できるモデルハウスが充実していて、早い段階で家の完成図や予算感、納期をイメージしやすいのが特徴です。保証内容が詳細に決められているのも安心。

そもそも工務店とは?ハウスメーカーとは?

工務店とは?

工務店とは、その地域で戸建住宅や公共施設などを建てる建設会社を指します。工務店という言葉は法律上の定義ではなく、地場の限られたエリアで棟梁や親方が職人を率いて家を作る建築会社を伝統的にこう呼んできました。

工務店が建築工程(大工仕事、プレカット・刻み、足場組み、左官工事、屋根工事、下水道工事、電気配線など)の手配や管理を行います。これらの作業の大部分を自社で行う工務店もあります。

家の外観やデザイン、間取りや導入住設をいっしょに決めていくことが多く、会社ごとに得意な施工やこだわりのデザインなど『売り』が違うのも特徴。地域密着型でアフターケアも融通が効くところが多いでしょう。

ACphotoより

ハウスメーカーとは?

全国規模の大手ハウスメーカーを指します。ハウスメーカーという言葉にも、法律上の定義はありません。

対応エリアは全国。仕様が統一され、工期が短い傾向があります。また、仕様や性能が明示された商品ラインナップが充実し、そのモデルハウスを住宅展示場などで内覧できることが多いです。そのため、建てる前から完成の様子をイメージしやすいメリットがあります。保証の条件も明記されていて安心です。

工務店とハウスメーカー、両者のメリット、デメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

工務店のメリット、デメリット

  • 注文住宅が基本。間取りや壁・屋根の材質、設計デザインの自由度が高い(施主さんが決められる)。ゼロから自分の希望通りの間取りの家を作りたい場合は工務店がおすすめ。
  • キッチンやバスルーム、サッシの住設メーカーを施主さんが選びやすい(施主さんの希望メーカーを導入しやすい)。
  • 工務店のこだわりや得意な施工の恩恵が受けられる(たとえば、吹き抜けに梁を通す、リビングに太いひのきの柱を見せる、県産材の無垢フローリングにする、など)。
  • 注文住宅ゆえ、完成のイメージが持ちにくく、導入住設(キッチンシステム、バスシステムなど)が実際に設置されたイメージを持ちにくい。

ハウスメーカーのメリット、デメリット

  • 住宅モデルや規格、仕様が充実。打ち合わせの早い段階で、家の完成イメージや予算感をイメージしやすい。
  • 住宅展示場やモデルハウスが充実していて、完成イメージ(内観や外観デザインなど)を把握しやすい。
  • 工期が短い傾向あり。保証内容・条件がはじめからしっかり決まっている。
  • 標準規格からはずれる間取りやデザインが難しい、あるいは費用がかかる。希望のメーカーのシステムキッチンやバスシステムがあっても、指定メーカー以外の場合、設置できない、または設置してもハウスメーカー側の保証対象外となる場合がある。

工務店とハウスメーカー。どっちで家を建てる人が多いの?

最近新築を建てた方1,000人以上を対象としたアンケート(株式会社エニワンにより2019年に実施)によると、ハウスメーカーが59%、工務店が39%。ハウスメーカーで家を建てる人の方が少し多いようです。

また別の調査によると、大手ハウスメーカーのシェアは2〜3割、地域密着の工務店やビルダーのシェアは5割程度というデータもあります。

以上、『工務店とハウスメーカーの違いをシンプルに言うと・・・』でした。理想の家づくりにお役立ください。

【BS朝日 10月8日(金)18:20頃 木づかい運動でウッド・チェンジ】

Date:2021.10.06 Category:News

法改正により最初の「木材利用促進の日」となる10月8日(金)、BS朝日で18時から放送される「宇賀なつみのそこ 教えて!」の番組内お知らせコーナー「聞いてナッ得!」(18時20分頃)において、「もっと木のある暮らし! 木づかい運動でウッド・チェンジ」が放送されますのでお知らせします!

(放送内容)

 皆さんの身の周りには木材製品がありますか?最近、暮らしの中に木材製品を取り入れたり、建物を木造・木質にするといった木材の利用を促す取組が進んでいるんです。でも、木を伐ることは環境に良くないのでは?木の建物は火事や地震に対して弱いんじゃないの?実は、木材を使うことは環境にも、暮らしにも良いことがいっぱいあるんです!木製品に興味のある方も、ない方にも知ってほしい木材利用のこと。ぜひご覧ください!

https://www.gov-online.go.jp/pr/media/tv/kasumigaseki/index.html

【施主様向け情報】山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?⇒ポイントはサッシと断熱材

Date:2021.09.23 Category:News

工務店様アンケート『施主さんに家づくりで大切にしてほしい部分は?』1位は『断熱性能』でした。

では、実際に必要な断熱性能とは?⇒ポイントはポイントはサッシと吹き付け断熱!

『山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?』のアンケートでは、高断熱サッシの商品名や吹付けウレタン断熱材などの回答を多く得ました。

ここでは、その商品名や断熱材を解説します。家づくりをご検討の方はぜひご参考ください!



そもそも断熱とは?住宅における断熱の意義とは?

『断熱性能』と聞くと冬をイメージしますが、実は夏の快適性にも関係してくる話です。

今の家づくりではエアコンで冷やした(or 暖めた)空気をいかに効率よく利用するかがポイント。

そこに必要になってくるのが断熱性能と気密性です。断熱性の高い家は、エアコン運転で少ない電力で室温を一定に保ちやすくなります。そのため24時間エアコンをONにして室温を快適に維持する全館空調システムを取り入れた住宅も増えました。

そうなると電気代が心配ですが、エアコン性能も進化中。たとえばZ空調という全館空調にて、エアコンを24時間入れた状態でも電気代はそれほど高くなりません。

出典:https://www.z-kucho.jp/merit.html

つまり、今や断熱性能は、家づくりで冬と夏の快適性を決める住宅機能として認識されるようになりました。

山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?

山梨県内の工務店様へのアンケート『山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?(サッシ、断熱材など)』に対して、以下の回答を得ました。

サッシに関して

  • アルジオ
  • マディオ
  • アルミ樹脂
  • 樹脂サッシ

断熱材に関して

  • アイシネン
  • アクアフォーム
  • ウレタン吹き付け

では、これらの言葉を具体的に説明していきます。

【サッシ】アルジオ、マディオって何?

アルジオ、マディオともに、三協アルミさんが製造するアルミ樹脂複合サッシの商品名です。断熱性、耐久性、デザイン性を併せ持つ人気商品です。

https://alumi.st-grp.co.jp/products/window/sash/

金属は熱を伝えやすいため、アルミ性サッシよりも、樹脂性あるいはアルミと樹脂を組み合わせた複合型サッシの方が断熱性が高くなるのです。

このような高断熱サッシによる家の断熱は、山梨に限らず全国の家づくりのスタンダードになりつつあります。

施工前に工務店さんに、サッシによる断熱についての考え方や実際に使用するサッシメーカーやその断熱性能について聞いてみるのもいいでしょう。

【断熱材】アクアフォーム、アイシネンって何?吹付断熱で『夏は涼しく、冬は暖かく』

アイシネンとは、現場発泡吹付けウレタン断熱材のこと。高断熱と高気密を長年にわたり維持します。

下の写真のように、家の壁や天井の中にスプレーでウレタンを隙間なく吹き付けます。まるで魔法瓶のように断熱材が家を包み込むことで、家の室温調整が低電力で行えるわけです。

アイシネンの施工の様子

アクアフォームも現場発泡吹付け硬質ウレタン断熱材のこと。国内シェアNo1で、高断熱と高気密を長年にわたり維持します!

アクアフォームの施工の様子

施工時に高い断熱を家に施すことで夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

最近普及している全館空調もこのようなウレタン吹付を前提としていることが多いです。全館空調とは、1年を通して家中の部屋や廊下の温度を均一に保ち、清浄な空気環境を保つ住宅システムのことです

⇒『全館空調とは?Z空調で解説』もご参考下さい。

以上、『山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?⇒ポイントはサッシと吹付け断熱!』でした。家づくりは住みやすさが大切。デザインと併せて、ぜひ断熱性能も検討材料に入れましょう。

【工務店アンケート】結果発表!地元工務店さんだから知る、山梨の今の家づくり

Date:2021.09.23 Category:News

毎日家づくりに向き合っている工務店さんだからこそ知る、最新の家づくり事情があります。

ここでは、山梨の工務店様10社に行ったアンケート結果を基に、山梨での家づくりの今に迫ります。山梨や隣県で家づくりをご検討の方は、ぜひお役立て下さい。



施主様はどんな経緯で工務店さんを知ってもらうことが多いですか?

(以下の選択肢から1位から3位までを記入)

[ 知人の紹介、 チラシ、 ネット検索、 インスタ、 facebook、 ツイッター、 ポータルサイト、 その他(展示場など)]

その結果、施主様が工務店を知るきっかけは知人の紹介、ネット検索が多いようです。

打ち合わせの段階で、お客様が家づくりで重視されていた点はなんですか?

(以下の選択肢から1位から3位まで選択)

[ 価格、 間取り、 玄関、 床板(無垢フローリングなど)、 断熱等性能、 デザイン性(設計の自由度)、 キッチン、 使用する材、 相談のしやすさ、 その他]

その結果、以下のように施主様は価格、デザイン性、間取り、断熱性能などを大切にされていることが分かりました。

新築依頼を受けた施主様の居住地は同じ市内?市外?県外?

(以下の選択肢から1位から3位を記入)

[ 市内、 市外、 県外 ]

その結果、施主様は市内に限らず、市外、県外の工務店にも新築を依頼してるようです。

2019年〜2020年で多かった新築の価格帯は?

(以下の選択肢から1位から3位までを記入)

[ 〜1000万、 〜2000万、 〜3000万、 〜4000万、 4000万〜]

その結果を以下に示します。2000万円台、3000万円台、1000万円台の順で多いようです。

2019年〜2020年で多かった新築のタイプは?

(以下の選択肢から1位から5位までを記入)

[ 北欧テイスト、 和風、ブルックリン、平屋、 南欧テイスト、 和モダン、 ホテルライク]

その結果、和モダンや平屋、洋風が人気のようです。平屋が最近人気なのは、家族の距離が近くなり、階段がないので老後も暮らしやすく、耐震性能も高いためと考えられます。

2019年〜2020年で多かった改築、リフォームの価格帯は?

(以下の選択肢から1位から3位までを記入)

[ 〜100万、 100〜300万、 300〜600万、 600〜1000万、 1000万〜2000万、 2000万 ]  

その結果が以下の円グラフです。600万以下が全体の70%を占める一方、2,000万以上の改築も14%ありました。

家の構造

以下の選択肢から1位から3位までを記入いただきました。

[ 木造、 軽量鉄骨、 鉄筋 ]

その結果が以下の表です。木造が多いものの、軽量鉄骨や鉄筋もありました。
  

構造材の刻みの種類

(多い方に丸)

[ 手刻み  プレカット ]

全社、プレカットによる加工の方が多いようです。

新築戸建て住宅の床面積

(以下の選択肢から1位から3位までを記入)

[ 〜50m2、 〜75m2、  〜100m2、 〜125m2、 〜150m2、 〜175m2、 〜200m2、 〜250m2、 250m2〜 ] 

その結果、新築戸建て住宅の床面積は100㎡〜125㎡が最も多く、ついで125㎡~200㎡が多い結果でした。

坪単価 (請負工事契約金額/延べ床面積)

(以下の選択肢から1位から3位までを記入。ただし、外構、給排水工事等も含む)

[ 〜45、 〜55、 〜65、 〜75、 〜85、  〜95、 96〜 ]
                         ※単位:万円

その結果が以下の円グラフです。45〜75万円の坪単価で、新築を建てた方が多かったようです。

よく使う構造材の樹種

(以下の選択肢から1位から3位までを記入)

[ 杉、 ヒノキ、 アカマツ、 クリ、 カラマツ、 その他 ]

その結果、以下のようにヒノキ、スギ、アカマツの順で多く使われているようです。山梨という土地柄もあるかと思いますが、クリやカラマツなどの希少材を使う工務店様もありました。

工務店様が思う、施主様が家づくりで大事にしてほしい部分

(以下の選択肢から1位から5位までを記入)

[ 間取り、 キッチン、 断熱、 壁材、 省エネ、 耐震、 デザイン、 その他 ]

その結果が以下です。山梨の気候もあり、『断熱』『省エネ』が1位、2位に。続いて『耐震』『間取り』『デザイン』。工務店様は施主様に、住みやすさや機能を大事にしてほしいと思っているようです。

山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?(サッシ、断熱材など)


(『甲府、中央市、甲州市方面』と『北杜市、富士河口湖方面』でそれぞれ自由形式で記入)

その結果が以下です。断熱性能で定評のある商品名や施工方法名が挙がりました。

※原文ママ。無回答の場合あり。

【甲府、中央市、甲州市方面】

  • アルジオ、マディオ、アクアフォーム
  • アイシネン(夏)
  • アルミ樹脂
  • 値に応じて
  • ウレタン吹付
  • 樹脂サッシ

【北杜市、富士河口湖方面】

  • アイシネン(冬)
  • 樹脂
  • 値に応じて
  • ウレタン吹付
  • 樹脂サッシ

この結果を受けて、『山梨の家づくりで必要と思う断熱性能は?ポイントはサッシと断熱!』というインスタ投稿を行いました!併せてご参考ください↓

山梨の工務店で新築戸建て住宅を建てるメリットは?

(以下の項目で、自由形式で記入)

  • 価格面 (       )
  • デザイン (       )
  • アフターケア、長期的な補修・修繕 (       )
  • 他にもあれば (       )

その結果、以下の回答が得られました。

【価格面】

  • コストパフォーマンスを図れる
  • 土地代が安いので建物に予算をまわせる
  • お手頃

【デザイン】

  • 都内からUターン・Iターンしてきた若いセンスの良い建築家が多くなってきたので、その方達と一緒にやっていくことができる
  • 地域にあったデザイン・仕様
  • 勉強中

【アフターケア、長期的な補修・修繕】

  • メーカーに近い体系が出来上がってきた
  • アフターメンテナンスの充実
  • 末長いおつき合い

※原文ママ。無回答の場合あり。

特にこだわりの施工箇所は?

 自由形式でご記入いただき、以下の回答がありました。

  • 素材感を大事にした空間演出
  • 天然無垢材の健康
  • リビング
  • 細かいおさまり
  • 仕様・木材は天然無垢材でしっかり乾燥されたもの

※原文ママ。無回答の場合あり。

工務店様が家づくりをしていて良かったと思うことは?

以下から選択していただきました。

  ①お客様からの感謝の言葉
  ②お客様との長いお付き合い
  ③良い家ができた時
  その他の点(メッセージなどもあればお願いします)

その結果、以下の回答がありました。

【①お客様からの感謝の言葉】・・・4
冬暖かいという言葉

【②お客様との長いお付き合い】・・・2

【③良い家ができた時】・・・1

※原文ママ。無回答の場合あり。

以上、『【工務店アンケート】工務店だから知る、山梨の今の家づくり』でした。

山梨県内や隣県で家づくりをご検討の皆様、ご参考いただければと思います。

フラット35とは?マンガで知る『基礎知識』と『メリット』

Date:2021.07.06 Category:News
家を建てる人
 

フラットって?

新築
 

フラット35のことだよ。多くの人が利用している住宅ローンの商品名で、運営してるのは独立行政法人だから安心みたい



 

家を建てるとき、多くの方が利用する住宅ローン、フラット35。自己資金がなくても審査が通りやすく、固定金利で安心して借りられる住宅ローンです。

ここでは初めての方にも分かりやすいように、マンガでその基礎知識とメリットを解説していきます。



まんがで知る『フラット35』

※「株式会社住宅あんしん保証」のパンフレットから許可を得て転載

※「株式会社住宅あんしん保証」より許可を得て転載

いかがでしたか?フラット35やつなぎ融資の大枠がご理解いただけたかと思います。

では、ここからフラット35について詳しくご説明していきます。

フラット35とは?

フラット35は、新築や中古住宅購入、リフォーム、借り換えなど、幅広い目的で利用できるローンです。

借り換えとは、ある金融機関で借りた住宅ローンを別の金融機関に切り替えることです。

フラット35はどこが運営してるの?安心なの?

フラット35は、住宅金融支援機構と取り扱い先の民間金融機関が共同で提供する長期固定金利の住宅ローンの商品名。

住宅金融支援機構は、国土交通省と財務省が所管する独立行政法人。独立行政法人といえば国立大学や国立美術館も属している制度。そもそも独立行政法人とは、『国民生活や社会経済の観点から必須だが、国が直接行うほどではなく、かといって民営化すると監視や介入ができない、国民にとって大切な業務を行う機関』です。

いわば、フラット35は国に支えられた住宅ローン。だから、安心して利用できるというわけです。

フラットとフラット35は違う?

フラットとフラット35は同じ意味で使われるようです。

会話やネット検索では、単に「フラット」と省略されることもあるようです。

『フラット』と『35』の意味は?

フラット35の『フラット』は、金利が変わらない、フラット(平ら)という意味からきています。

『35』とは、返済期間が最長35年で設定できるという意味です。

フラット35のメリット

メリット1:自己資金がなくても借りられる

頭金がなくても、フラット35を利用できます。10割融資と呼ばれます。

また通常、建築費に含めることのできない『火災保険』や『融資事務手数料』、『登記費用』などの諸費用もローンの対象とできるため、自己資金がなくても住宅購入が可能です。

メリット2:金利がずっと固定

金利が変わらないため、融資実行時に返済終了までの返済額が確定でき、 返済プランを立てやすいメリットがあります。

市場金利が変わっても、フラット35はその返済期間に金利が上昇しても返済額が変わらないのが特徴です。

メリット3:検査機関が物件の技術基準を検査してくれる

フラット35を利用するためには、建てようとしている物件や購入(リフォーム)しようとしている物件が独立行政法人住宅金融支援機構が定めた『技術基準』に適合しているか、検査機関(建築士資格を持つ第三者の専門家)が物件を検査します。

つまり、専門の検査機関が物件を調査してくれるので安心です。

メリット4:つなぎ融資ができる

つなぎ融資とは、土地購入代、着工金、上棟金、建築費など、家づくりで段階的に必要となる資金を立て替える融資です。

フラット35の融資は、完成した住宅が施主(買い主)に引渡されるときに一括で実行されます。分譲住宅や建売なら問題ないですが、新築の場合、十分な自己資金がなければ、建築までの上記のステップを進められないことになります。

そこで、家づくり・住宅完成までに事前に必要になる資金を一時的に立替える形のローンが『つなぎ融資』です。

たとえば土地代金、着工金、中間金で2,000万円、完成引き渡し時に1,000万払うとします。これを金融機関から『つなぎ融資あり』で借りる場合(フラット35の申込み時につなぎ融資の申込みも行い、一般的にはつなぎ融資は住宅ローンを借りる金融機関と同じところに申込みます)、家が完成してフラット35から振り込まれる金額は2000万円がすでに引かれる形となり、つなぎ融資分の返済が完了します。

利用するためには、事前に住宅ローンの審査を通過し、金融機関の融資内諾を得ていることが条件となりますが、多くの人が利用しています。

フラット35のデメリット・注意点

借入額が住宅価格の9割以上だと金利が高くなる

フラット35は自己資金(頭金)が無くても住宅取得に関わる費用(対象費用)であれば、すべての費用を借り入れ可能です。

ただし、住宅価格の90%以上の金額を借り入れる場合(=購入価額の1割以下の頭金しか用意できない場合)は金利が上がります。

借入額が住宅価格の90%以下になるように、自己資金を貯めたり親等からの支援を検討するのもいいでしょう。

変動金利型と比較して金利が高くなる場合がある

将来、変動金利がどう推移するかは分かりませんが、現在は変動金利型のローンは低くなっています。このままずっと低い水準が続けば、固定金利の方が多くの金利を支払う可能性もあります。こればかりは分かりませんが、変動金利型ローンの方が返済額が少なくなるケースもあることを理解しておく必要があります。

以上、フラット35についてでした。

山梨の工務店選びをプロに相談するなら『リスタイル(不動産の窓口 RE)』にぜひ↓
山梨の新築
山梨の不動産のことなら


この記事を書いた人: 七保担当者、山梨のホームページ制作 ヒノキブンコ

ZEH?長期優良住宅の基準、2021年補助金情報などを解説

Date:2021.05.18 Category:News
家を建てる人
 

ZEHってなに?

新築
 

住宅の基準!年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指す次世代の住宅だよ。工務店による注文戸建て住宅の場合、国から補助金ももらえるみたい。



 
家を建てるときに知っておきたいことはいくつかありますが、その一つが住宅基準でしょう。 住宅の基準には、ZEHや長期優良住宅などの基準があります。

ここではZEHについて解説します。

ZEHとは?

ゼッチと呼びます。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。 ZEHは、外壁など家の断熱性を向上させ、エコな設備などを取り入れたり、再生可能エネルギーを活かして大幅な省エネを実現したりして、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指す住宅のことです。
出典:資源エネルギー庁ウェブサイト(https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html)

ZEHのメリット

ZEHの家

ローコスト

太陽光発電システムや蓄電システム、外壁の高い断熱性能、高効率エコ設備により、月々の光熱費を大幅に安く抑えられます。

快適性、健康性

断熱性が高いため、年間を通じて室温が一定に保たれ、家のどこにいても快適に過ごせます。お風呂場の脱衣所の温度差も少ないため心筋梗塞などのリスクも低下できます。また、外気をフィルターを介して家に取り込むため、アレルギーのある人にとっても症状を軽減できるようです。

住宅としての強さ、しなやかさ(レジリエンス)

非常時(地震、台風、水害などの緊急時)にはライフラインが使えなくなったり、停電してしまうことがありますが、家庭用蓄電池を導入したZEH住宅は停電時や夜間でも蓄電した電気を使うことができ、昼には太陽光でまた発電・蓄電が可能となります。

つまり、ZEH住宅は、災害など緊急時のライフラインとしての役目も兼ね備えます。

【2021年最新】ZEHの補助金〜工務店などが使える補助金がある

ZEHの家を検討される方によくある悩みとしては、外壁断熱や蓄電システム、ソーラーパネルなど通常の新築ではかからない初期費用がプラスでかかるため、ZEH導入に踏み切れないということです。
ゆくゆくは売電や断熱効果や省エネ設備による光熱費の抑制でお得になりますが、やはりはじめにかかるお金のハードルは高いようです。

実は、国がZEHの戸建住宅を進めていることもあり、ZEH住宅を建てると補助金がもらえる制度があります。これを活かして、初期費用を押さえることも可能です。

【2021年最新版】補助対象・補助金額

2021年度においては、補助事業が継続された場合で、ZEHの定義においてZEHの要件すべてに適合した住宅には国より補助金が受けられます。

例)2020年度 グリーン化事業の場合。
ゼロ・エネルギー住宅なら、補助限度額140万円/戸または125万円/戸となります(ただし工務店様により異なります)

注意が必要なのが、ZEHビルダー登録店で家を建ててもらわないと、ZEHの補助金が受け取れない点です。

山梨県の『ZEHビルダー登録店』は以下で分かります。
一般社団法人 環境共創イニシアチブのウェブサイト(外部リンク)
ZEHの補助金は、ZEHビルダー登録店で家を建てないと申請できないので注意が必要です。
以上、家の基準、ZEH住宅についてでした。

ZEH住宅を建てるなら、補助金を活かしたいものですね。ZEHの詳細は工務店などで相談してみるといいでしょう。

山梨の工務店選びをプロに相談するなら『リスタイル(不動産の窓口 RE)』にぜひ↓
山梨の新築
山梨の不動産なら


この記事を書いた人: 七保担当者、山梨のホームページ制作 ヒノキブンコ

全館空調とは?『Z空調』で解説

Date:2021.05.18 Category:News


家を建てる人
 

全館空調ってなに?床下も含めて家全体を同じ温度の空気が循環するの?

新築
 

そう。だから床も室温も近い温度。全館空調とは、家全体の断熱と気密を限界まで高めて、一年中少ないエネルギーで快適温度に空調するシステムのこと。最近、新しい住宅として注目されているよ。



 

家を建てるとき、住み心地は大事な要素のひとつ。最近だと、季節を問わず家の中の温度を低電力で適温に保ち、どの部屋にいてもシームレスに快適が維持される「全館空調」が注目されています。

ここでは、全館空調を「Z空調」(日本ハウジングソリューション)を例にご紹介します↓ ぜひ家づくりをご検討中の方はお役立て下さい。

なお、弊社では実際に山梨県甲府市で全館空調で家を建てたお宅に伺って、施主さんに住み心地をインタビューした動画を公開しています。本記事と併せてご参考下さい。

全館空調とは?

全館空調とは、家全体の断熱と気密を限界まで高め、一年中少ないエネルギーで快適温度を維持する空調システムのこと。床下も含めて同じ温度の空気で循環させるため、冬でも床が温かいメリットがあります。

Z空調とは?

『Z空調(ゼックウチョウ)』(日本ハウジングソリューション)は①建物の断熱・気密、②空調システム、③換気システムを最新エコ技術で実現した全館空調の一つです。

建物の断熱・気密は「ヒノキヤグループ」、空調は「ダイキン」、換気は「協立エアテック」とそれぞれの分野の高い企業技術が融合された「新時代冷暖システム」です。

全館空調のひとつ「Z空調」のイメージ図(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調は冬暖かく夏涼しい家

冬は足もとから温める

床も温度差なく暖まります。冬の底冷えもなくキッチンもあたたか、また新鮮な空気の循環で窓の結露も抑制します。

冬は足もとから温める(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

夏は頭上から涼しい

頭上から自然な涼やかな風が部屋全体を循環。効率的に24時間室温を調整します。

夏は頭上から涼しい(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調は「床下まるごと換気」(Z空調の場合)

シロアリ被害などブラックボックスになりがちな床下ですが、全館空調のZ空調は「床下まるごと換気」。新鮮な空気が常に床下を循環します。

玄関・廊下・脱衣室・床下など、家全体をまるごと24時間空調しますので、冬に寒い場所、夏に暑い場所があまりありません。

24時間空調と聞くと電気代が気になりますが、建築時の高断熱施工や最新のエコ機器・空調システムにより、経済的です。

電気代については、次で詳しく解説します。

全館空調は「床下まるごと換気」(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調の電気代(Z空調の場合)

Z断熱では、24時間、エアコン2台と換気システムを稼働させます(春や秋はエアコンをOFFにすることもあります)。

電気代が気になるところですが、Z空調の場合、ダイキンや協立エアテックの最新の省エネ設備を導入するため、思ったほど電気代は上がらないようです。

以下がZ空調が公式に、年間実測値として公開している電気代です。ただし、お住まいの地域や住宅の大きさで異なります。

全館空調の電気代(Z空調の場合)(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

これはZ空調のみの電気代ですが、さらに家全体の電気代(家電やIH、エコキュートなどを含む)で見ても、それほど高くない、と感じるオーナーさんは多いようです。

弊社がZ空調を導入したオーナー様(山梨県甲府市、2階建て)の場合、家全体の電気代は以下でした。

・夏は1万円以下
・冬は1万5千円〜2万円程度(MAXが1月で2万2千円程度、それ以外の冬期は1万5千円〜2万円以下)



以上、全館空調の解説でした。

全館空調の家を建てるなら、Z空調をご検討なら実績のある弊社までぜひご相談ください。

山梨の工務店選びをプロに相談するなら『リスタイル(不動産の窓口 RE)』にぜひ↓

山梨の新築
山梨の不動産なら


この記事を書いた人: 七保担当者、山梨のホームページ制作 ヒノキブンコ

工務店?ハウスメーカー? それぞれのメリットやデメリット、違いを解説

Date:2021.05.15 Category:News


家を建てる人
 

一生に一度の家づくり、後悔したくない。まず突き当たるのが、ハウスメーカーか工務店か?どう選べばいいんだろ

新築
 

最近家を建てた1079人に行ったアンケート結果(株式会社エニワン)があるから、このデータを基に『家を建てる』ことを考えてみよう!


家を建てるのは人生の大イベント。だから、後悔はしたくない。

多くの方が工務店に依頼するかハウスメーカーに依頼するか悩むようです。まずは両者の違いを知っておきましょう。

実際に家を建てた1,000人以上に行ったアンケート結果(株式会社エニワン実施)を基に、それぞれの違いやメリット、デメリットを解説していきます。家を建てようとお考えの方はぜひご参考下さい。



工務店とハウスメーカーの違いは?

工務店と一口にいっても、地元密着型で小規模経営の地場の工務店から、他県や他地域にも営業所を持ち建築棟数が多い大手工務店など様々ですが、前者を想定した場合、『工務店』と『ハウスメーカー』では大まかに以下の違いがあるようです。

工務店の特徴、利点など

工務店は、施主さんといっしょに外観のデザインや間取りを決めていき、間取りに合わせた作り付け家具も自由がききます。バスやサッシ、システムキッチンなど、施主さんの好みや地域の気候に合わせて希望を叶えやすいようです。

また、工務店により得意不得意はあるものの、リビングで杉の柱を見せたり、床を杉材やヒノキの無垢のフローリングにするなど、木の質感を活かした家作りも工務店に分がありそうです。

つまり、デザイン設計の自由度が高いのが特徴。工務店が将来経営を継続すれば、修理やリフォームにも柔軟な対応でき長期的なアフターフォローも頼りになります。

ハウスメーカーの特徴、利点など

デザインモデルや標準仕様、モデルハウスが充実していて、打ち合わせの早い段階で家の完成イメージや予算感をイメージしやすい特徴があります。

パンフレットで家の内観や外観デザイン、完成引き渡し納期を把握しやすいことも特徴です。

モデルや標準仕様から大きく離れるデザインや間取りの実現が構造的に難しかったりする場合があるものの(間取りを自由につくれる自由設計型などが用意されている場合もあります)、保証面がはじめから内容がしっかり決まっている点も、完成後のケアを考えると安心です。

そもそもハウスメーカーと工務店、どっちで家を建てる人が多いの?

そもそもハウスメーカーと工務店、どちらで家を建てる人が多いのでしょうか?

アンケート結果では、ハウスメーカーが59%、工務店が39%。4割近くの方が、地域に密着する工務店を選んでいることが分かりました。

家を建ててもらうところを決めるまでに、いくつの会社を比較した?

家づくりをどの建築会社にお願いするか?1社のみではなく複数の会社を検討した方がいいとはよく言われることです。では、実際には、家を建てた人は何社検討したのでしょうか?

アンケート結果によると、6割近くの方が、『2~5社』と回答。1社のみの検討で家を建てた人も25%いました。『1社のみ』には、知り合いの紹介や昔から付き合いのある大工さんなど、すでに信頼関係ができているところへの依頼が多かったと考えられますが、この建築会社が建てる家に惚れ込んで・・・という施主さんもきっといるでしょう。

工務店を知ったきっかけは?

同アンケート『工務店に関する最初の情報をどこで得たか?』という質問では、1位が紹介で52%、2位がチラシで23%、3位がまとめ情報サイトで11%でした。

今はネット・SNSの時代でも、やはり信頼できる人からの紹介が家づくりの大切なきっかけになっているケースが多いようですね。


では、ここから工務店とハウスメーカー、それぞれの決め手を解説します。

ハウスメーカーと工務店、それぞれの決め手は?

その建築会社を知ったきっかけは知り合い、チラシ、まとめサイトなどさまざまでした。では、実際に「ここに家づくりをお願いしよう!」となった決め手は何だったのでしょうか?

このアンケートによれば、工務店とハウスメーカーでは決断の後押しになったポイントが異なるのは興味深い点です。

工務店とハウスメーカー、それぞれを選んだ理由は以下でした。


工務店の場合、以下のように、融通が利きそうで相談しやすく、設計の自由度が高いと感じた点、またコスト面のメリットを感じて決めた人が多いようです。

1. 『親身で融通がききそうだった』
2. 『設計の自由度が高い』
3. 『比較的価格が安かった』
4. 『地元の気候や風土を理解している』
5. 『職人気質で仕事が丁寧』

ハウスメーカーの場合、以下のように会社としての安心感や親身で融通がききそう、ノウハウが豊富などにメリットを感じた人が多いようです。

1. 『会社としての安心感が高い』
2. 『親身で融通がききそうだった』
3. 『ノウハウが豊富』
4. 『設計の自由度が高い』
5. 『インターネットで情報を得やすい』

工務店とハウスメーカー、それぞれの選ばなかった理由は?

工務店とハウスメーカー、それぞれの選ばなかった理由を知ることも、家づくりの決め手の根拠になりますね。ただ、実際には家づくりを依頼していない方であるため、『実際にそうである』ということではなく、あくまでイメージであることも留意しましょう。

【ハウスメーカー派の方】工務店を選ばなかった理由

1. 価格設定がわかりにくい
2. 情報がわかりにくい
3. アフターフォローをしてくれるか心配
4. 施工技術レベルに不安がある

工務店を選ばなかった方は、具体的には、価格設定が具体的に分かりにくかったことやアフターフォローの不安、施工技術レベルに対する不安が多いようでした。ハウスメーカーのようにモデルハウスや標準仕様が決まっていないことが多い工務店にはやはりそのような不安要素をどうしても感じてしまうようです。

また、建てた家を長く柔軟な対応でメンテしてもらえるのが工務店のメリットですが、逆にハウスメーカーのように具体的に規定されていない不透明性がデメリットにも感じられるようです。

【工務店派の方】ハウスメーカーを選ばなかった理由

1. 比較的価格が高い
2. 強引な営業が苦手
3. 自由度が低い
4. アフターフォローをしてくれるか心配

ハウスメーカーを選ばなかった理由としては、コスト面や自由度が低く思い描いた家づくりが叶わない可能性があるというイメージが多いようです。

では、実際に工務店やハウスメーカーを家を建てて感じたメリット・デメリットはどうだったのでしょうか?

工務店、ハウスメーカーで家を建てて感じたメリット、デメリット

実際に工務店やハウスメーカーを選んで感じたメリット・デメリットのアンケート結果が以下です。

ハウスメーカーも工務店も顧客対応や技術レベルは会社ごと違うため、また施主さんの感じ方もそれぞれであるため個人的感想の要素もあると思いますので、それを踏まえた上で、家づくりの参考にするのがいいでしょう。

工務店のメリット・メリット

ハウスメーカーのメリット・デメリット

以上、『工務店orハウスメーカー。1,079人アンケート結果から家づくりを知る』でした。


家を建てる人
 

「こだわりがあるなら地元工務店がいい」、「こだわりたいならハウスメーカーがいい」。どちらも聞いたことがあるけど、どっちが正しいんだろ?

新築
 

きっとどっちも正しいんだね。大事なのは、家づくりに真摯に向き合い実現してくれる会社や担当者に出会うことだね!

 

山梨の工務店選びをプロに相談するなら『リスタイル(不動産の窓口 RE)』にぜひ↓

山梨の新築


この記事を書いた人: 七保担当者、山梨のホームページ制作 ヒノキブンコ