お知らせ News

全館空調とは?『Z空調』で解説

Date:2021.05.18 Category:News


家を建てる人
 

全館空調ってなに?床下も含めて家全体を同じ温度の空気が循環するの?

新築
 

そう。だから床も室温も近い温度。全館空調とは、家全体の断熱と気密を限界まで高めて、一年中少ないエネルギーで快適温度に空調するシステムのこと。最近、新しい住宅として注目されているよ。



 

家を建てるとき、住宅にまつわる新しいシステムは知っておきたいもの。最近なら、「全館空調」がその一つでしょう。

ここでは、全館空調を「Z空調」(日本ハウジングソリューション)を例にご紹介します。家づくりにお役立て下さい。

全館空調とは?

全館空調とは、家全体の断熱と気密を限界まで高め、一年中少ないエネルギーで快適温度を維持する空調システムのこと。床下も含めて同じ温度の空気で循環させるため、冬でも床が温かいメリットがあります。

Z空調とは?

『Z空調(ゼックウチョウ)』(日本ハウジングソリューション)は①建物の断熱・気密、②空調システム、③換気システムを最新エコ技術で実現した全館空調の一つです。

建物の断熱・気密は「ヒノキヤグループ」、空調は「ダイキン」、換気は「協立エアテック」とそれぞれの分野の高い企業技術が融合された「新時代冷暖システム」です。

全館空調のひとつ「Z空調」のイメージ図(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調は冬暖かく夏涼しい家

冬は足もとから温める

床も温度差なく暖まります。冬の底冷えもなくキッチンもあたたか、また新鮮な空気の循環で窓の結露も抑制します。

冬は足もとから温める(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

夏は頭上から涼しい

頭上から自然な涼やかな風が部屋全体を循環。効率的に24時間室温を調整します。

夏は頭上から涼しい(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調は「床下まるごと換気」(Z空調の場合)

シロアリ被害などブラックボックスになりがちな床下ですが、全館空調のZ空調は「床下まるごと換気」。新鮮な空気が常に床下を循環します。

玄関・廊下・脱衣室・床下など、家全体をまるごと24時間空調しますので、冬に寒い場所、夏に暑い場所があまりありません。

24時間空調と聞くと電気代が気になりますが、建築時の高断熱施工や最新のエコ機器・空調システムにより、経済的です。

電気代については、次で詳しく解説します。

全館空調は「床下まるごと換気」(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

全館空調の電気代(Z空調の場合)

Z断熱では、24時間、エアコン2台と換気システムを稼働させます(春や秋はエアコンをOFFにすることもあります)。

電気代が気になるところですが、Z空調の場合、ダイキンや協立エアテックの最新の省エネ設備を導入するため、思ったほど電気代は上がらないようです。

以下がZ空調が公式に、年間実測値として公開している電気代です。ただし、お住まいの地域や住宅の大きさで異なります。

全館空調の電気代(Z空調の場合)(出典:株式会社日本ハウジングソリューションHP「Z空調」)

これはZ空調のみの電気代ですが、さらに家全体の電気代(家電やIH、エコキュートなどを含む)で見ても、それほど高くない、と感じるオーナーさんは多いようです。

弊社がZ空調を導入したオーナー様(山梨県甲府市、2階建て)の場合、家全体の電気代は以下でした。

・夏は1万円以下
・冬は1万5千円〜2万円程度(MAXが1月で2万2千円程度、それ以外の冬期は1万5千円〜2万円以下)



以上、全館空調の解説でした。

全館空調の家を建てるなら、Z空調をご検討なら実績のある弊社までぜひご相談ください。

山梨の工務店選びをプロに相談するなら『リスタイル(不動産の窓口 RE)』にぜひ↓

山梨の新築
山梨の不動産なら


この記事を書いた人: 七保担当者、山梨のホームページ制作 ヒノキブンコ